筐体設計室

トップページ > 事業案内 > 筐体設計

筐体設計室

筐体設計のことなら精密板金加工でも樹脂加工でもおまかせ下さい。
CADは、2D(Auto CAD),3D(Solid Works) を使用します。
高精細3Dプリンタにより設計後のモデリングも短時間でDRが可能。
板金コーナー部をラウンドフォルム仕上げる「夢のR加工」のコーナーフォーミング
IP54~67防水、防滴、防塵筐体を得意としております。
筐体設計者 5名

CADとCAMの連携

筐体設計室は,設計のCADと機械のプログラム編集のCAMが同席しています。
データの受け渡しはネットワーク上で行います,
CADで設計されたデータをCAMでデザインルールチェックを行い,1階のマシンにネットワークで送ります。
実際に加工するマシン側からデータの編集も可能です。
ネットワーク上のマシンは抜き加工を行うNCターレットパンチプレスと曲げ加工を行うNCベンダーがあり,
CAD,CAMとマシンがシームレスでネットワークされ極めて効率の高い生産システムを構築しています。
CADは、2次元はAutoCAD、3次元はSolidWorksを用途に応じて使い分けています。

3DCADによる設計事例

3D CAD(Solid Works)により3次元で設計した後レンダリング(CG)で実体化したものです。
レンダリングとはコンピュータが、情報を人間によりリアルに見えるように計算・表示する作業を言います。

防水カメラケース
防水カメラケース
リモコン
リモコン
マウス
マウス
羽根なしファン
羽根なしファン
コーヒーメーカー
コーヒーメーカー
高機能空気清浄機
高機能空気清浄機
計測器筐体
計測器筐体

3次元CADによる設計

3次元CADによる設計

2次元CADによる設計

3次元CADによる設計

3次元CAMによる編集

左はタレパンCAM ,右側はベンダーCAM

3次元CAMによる編集

双明通信機製作所 バーチャル工場見学

お客様のアイデアやイメージを具現化する仕組み

小口の面倒な調整・検査もお受けいたします。
図面が無い
ラフスケッチから製品実現
仕様が決まっていない
 
納期がない
丸投げ委託をしたい
調達~設計~製作~技術ドキュメント
調達先の突然の事業清算
  • お問い合わせ
  • 工場見学のお申込み
  • お見積り・お問い合わせ